学院の特長 コース案内 学生生活 在学生からのメッセージ 卒業生の活躍 HOME
卒業生の活躍

[ << 前のページ  |  次のページ >> ] 全4ページ: | 1 , 2 , 3 , 4 |


A.O. (一級技能士)

和裁のことは何もわからずに飛び込んだ世界でしたが、素晴らしい先生や仲間に恵まれて、充実した毎日を過ごす事が出来ました。着物を縫い上げることはとても地道な作業ですが、こつこつと頑張れば必ず結果はついてきます。これからも、益々腕を磨いていきたいと思っています。



T.Y. (一級技能士)

和裁を始めたときは、運針もできなかったのですが、手に職をつけるという目標を持ち、日々努力をした結果、和裁の最高の資格国家検定一級を取得できたことは、大変嬉しいです。今後、この技能を生かして一生の仕事としていきたいです。



Y.T. (一級技能士)

幼い頃から着物を着るのが好きで、自分で仕立てることが出来ればと軽い気持ちで学び始めました。初めて着物が仕上げられた時の喜びは今も覚えていて、宝物だなと思います。卒業して5年経ちますが、仕事は今も大島和裁研究所から途切れることなく、自宅で自分のペースで充実した毎日が過ごせています。



E.N. (一級技能士)

卒業後『おけいこコース』の担当先生をさせて頂いていますが、生徒さん達と話す中で、逆に色々な事を教えてもらう事もあり勉強になります。『縫う』という技術以外にも着物にまつわる様々な事を知るのは大切であり、また、楽しい発見であったりします。難しい事も多いですがこれからも頑張っていきたいです。



M.M. (一級技能士)

卒業して6年。針も持てなかった私が、着物が大好きというだけで学院に入学して、先輩やライバルへの闘志に励まされて続ける事ができました。一枚の反物が着物になる楽しみと感動は忘れません。今では着物全般縫えるようになり、一級を取得し、楽しく仕事をしています。



[ << 前のページ  |  次のページ >> ] 全4ページ: | 1 , 2 , 3 , 4 |

資料請求
交通のアクセス